初めての方へのリンクバナー画像

がんについて知る

各症状への対処

がん治療に伴う皮膚や爪のトラブルの対処法

目次

  1. 皮膚や爪に表れる症状と原因
  2. さまざまな皮膚トラブルへの対処法
  3. 毎日のスキンケアはどうしたらいい?
  4. それぞれの症状に応じた予防とケア

がん治療に伴う皮膚や爪のトラブルの対処法
皮膚や爪に表れる症状と原因

がんの治療中には、全身の皮膚や爪にさまざまな症状が出ることがあります。かゆみや痛みが生じることもあるため、つらい思いをする患者さんも少なくありません。
皮膚と爪のトラブルは薬物療法や放射線治療が原因となって起こります。皮膚がんなどでは、がんそのものによって、発症部位に変化が生じることがあります。また、治療による免疫機能が低下している時期に、皮膚のかきこわしやざ瘡などがきっかけで感染症にかかってしまうケースもあります。

具体的には次のような皮膚や爪のトラブルが見られます。

  • 色素沈着 皮膚や爪の色が変わる症状です。
  • 手足症候群 手足の一部が赤くなったり腫れたりする症状です。手や足がしびれる、ヒリヒリすることもあります。
  • 皮疹・ざ瘡様(そうよう)皮疹 にきびのようなぶつぶつができます。
  • 落屑(らくせつ) 皮膚の表面の一部が薄く剥がれ落ちる症状です。
  • 爪囲炎(そういえん) 爪のまわりに炎症が起きたり、爪が欠けたりします。
  • 帯状疱疹(たいじょうほうしん) 皮膚が帯状に赤くなって水泡が現れ、チクチクとした痛みがあります。
  • カンジダ症 真菌(かび)に感染することによって吹き出ものができたり、ただれたりします。
  • 皮膚の乾燥 肌が乾燥し、亀裂(ひび)が入ることもあります。

さまざまな皮膚トラブルへの対処法

診療時にこれらの症状が認められた場合、医師や看護師がその原因や対処法について説明してくれます。わからないことや、不安なことがあれば遠慮なく質問するといいでしょう。

皮膚と爪のトラブルの原因はさまざまですが、多くは保湿することである程度症状が和らぐため、保湿剤の使用が薦められます。症状によってはステロイド薬や抗菌薬が処方されたり、皮膚の乾燥によるかゆみに対処するため抗ヒスタミン薬など処方されたりすることがあります。

爪囲炎がある場合には、保湿剤と外用薬によるケアのほか、炎症を抑えるために指のテーピングや爪の切り方を指導してもらいます。症状がひどい場合は、原因と考えられる薬物療法を一時的に休むこともあります。

がんや治療によって起こる外見の変化の悩みに対処することを「アピアランスケア」といいます。最近ではアピアランスケア専門の外来やアピアランスケア教室やサロンなどを設けた病院もあるので、あなたの通院先にそうした外来があれば、利用してみてはいかがでしょう。

毎日のスキンケアはどうしたらいい?

皮膚や爪の症状を改善するための基本はこまめなスキンケア。皮膚を清潔に保ち、常に保湿と保護を心がけることが大切ですが、使用する製品にこだわりすぎる必要はありません。症状がないときには、普段使っているスキンケア製品を使用しても大丈夫です。ただし、皮膚の乾燥が気になるときは、アルコールを多く含む製品を避けて、中性または弱酸性のものを使うようにしましょう。

洗うときは、洗浄料に含まれる界面活性剤が皮膚に吸着するのを防ぐため、水またはぬるま湯で泡をよくたてるのがポイントです。皮膚をゴシゴシこすらないよう、優しく丁寧に洗いましょう。洗った後もこすらずに、タオルを軽く押し当てて水分を取り除きます。

皮膚の洗浄後は保湿を忘れずに。保湿剤は市販品でもいいですが、刺激のある尿素や乳酸が入っていないものを選びましょう。

放射線を当てた部分や薬物療法中の皮膚は刺激を受けやすいため、紫外線も大敵です。晴れた日の屋外では日傘や帽子、ストール、日焼け止めクリームなど(紫外線吸収剤を含まないもの)を使いましょう。また、水仕事をする際には手荒れを防ぐためのゴム手袋を忘れずに。

それぞれの症状に応じた予防とケア

・色素沈着
皮膚の炎症が原因であることが多いため、刺激や日焼けを避けましょう。なお、ビタミンCやハイドロキノンといった美白剤は、がん治療による色素沈着に効果があるかどうかは明らかになっていません。

・手足症候群
足の症状を予防するために、締め付けない靴下、足に合ったサイズのやわらかい材質の靴を選びましょう。手を保護するために、外出時は手袋の着用を忘れずに。症状があるときは、熱いシャワーや入浴、長時間の歩行を避けるといいでしょう。また、冬場の畳やフローリングの冷たさにより症状が増強することがあります。起床時すぐに靴下屋スリッパを履ける準備をして就寝されるといいでしょう。

・爪の症状
爪がもろく、かけやすくなった時には保湿剤やクリームの使用が効果的です。爪が欠けたり亀裂が入ったりしたときには、爪やすりで整えてからマニキュアを塗って保護することも有効です。


【参考文献】
国立がん研究センター こころと苦痛の本(小学館)

Hatch Healthcare K.K.

各症状への対処 記事一覧ページへ戻る

関連するスレッド