初めての方へのリンクバナー画像

がんについて知る

各症状への対処

がん治療に伴うほてり、のぼせ、発汗などのホットフラッシュへの対処法

目次

  1. ホットフラッシュの原因は?
  2. ホットフラッシュの症状を和らげる対処法は?

がん治療に伴うほてり、のぼせ、発汗などのホットフラッシュへの対処法
ホットフラッシュの原因は?

ほてり、のぼせ、発汗といった症状はホットフラッシュとも呼ばれます。女性ホルモン(エストロゲン)が急激に低下する更年期の女性や男性ホルモン(テストステロン)が徐々に低下する更年期の男性によくみられますが、手術や薬物療法、放射線治療などのがんの治療が原因で女性ホルモンや男性ホルモンが低下すると同様の症状が起こります。

ホルモンの低下によって体温を調整する自律神経のバランスが乱れることがあり、そのために時や場所を選ばずに汗をかいたり、顔や首がほてったり、急にのぼせたようになってしまうことがあるのです。

うつ症状や動悸、不安、睡眠障害やいらいら、やる気が出ないなどの症状をともなうこともあります。

次のような、女性ホルモンや男性ホルモンに影響する治療を受けた場合に、ホットフラッシュの恐れがあります。
・手術で両方の卵巣や精巣を摘出した
・卵巣や精巣の機能に影響を与える種類の薬で薬物治療を行った
・乳がんや前立腺がんに対する内分泌療法(ホルモン療法薬)を行った
・骨盤内・脳など、女性ホルモンや男性ホルモンが関係する臓器に放射線治療を行った

ホットフラッシュは数年間続くこともありますが、乳がんのホルモン療法で起きるホットフラッシュについては、次第に軽減し、数カ月程度で落ち着くことが多いので、しばらく様子をみてみましょう。

ホットフラッシュの症状を和らげる対処法は?

症状の程度にもよりますが、まずは自分でできる対処法から試してみましょう。

●日常生活の工夫をする
 外出する時は脱ぎ着のしやすいカーディガンなどで。汗を吸い取りやすいタオルやタオルハンカチ、汗拭きシート、冷却スプレーなどを持参する。熱がこもらない通気性のよいゆったりした服を着て、部屋の風通しをよくする。

●生活習慣などを見直す
 体重が増えると汗をかきやすくなるので、バランスのよい食事、適度な運動を取り入れて適正体重を維持する。またできる限りストレスをためないように、リラックスすることを心がける。

日常生活に支障があるほど症状がでる場合は、薬で症状を和らげることもできます。
ホルモンの低下が原因なので、ホルモンを薬で補充するホルモン補充療法も選択の1つです。ほてり・のぼせ・発汗の症状を和らげる効果があり、婦人科がんや精巣がん、白血病などの血液がん、脳腫瘍などの治療後に行うことがあります。

ただし、肝臓の状態が悪い場合や、血栓ができやすい場合、ホルモンががんの増殖に関連するタイプのがんの場合は慎重な検討が必要です。また、乳がんの内分泌療法や前立腺がんによるホットフラッシュに対しては、ホルモン補充療法は行うべきではないとされていますので、それ以外の方法を検討することになります。

また、症状が出るのには心理的な状態も影響しているといわれているので、リラックスしたり、心理士など心の専門家や相談窓口で相談するなどして、ストレスをためない生活を心がけることが大切です。

【参考文献】
国立がん研究センターの こころと苦痛の本(小学館)
国立がん研究センター がん情報サービス(外部サイト)
日本乳癌学会 患者さんのための乳がん診療ガイドライン(外部サイト)
がんナビ(外部サイト)
※別ウインドウで開きます

Hatch Healthcare K.K.

各症状への対処 記事一覧ページへ戻る

関連するスレッド