初めての方へのリンクバナー画像

がんについて知る

各症状への対処

がん治療に伴うだるさ、倦怠感の対処法

目次

  1. だるさや倦怠感の原因は?
  2. 倦怠感を取り除くには? 

がん治療に伴うだるさ・倦怠感の原因と対処法
だるさや倦怠感の原因は?

がんの療養中に、慢性的なだるさや倦怠感(けんたいかん・慢性的にだるいこと)、疲労感に悩まされる人はかなりかなりいると言われています。
体がだるくて何もする気が起きない、集中力が低下してしまうなどの症状が、数カ月、長い場合は数年にわたって続くこともあります。

原因としてはがんに伴う症状、がん治療の副作用などが考えられます。
たとえば化学療法や放射線治療やその副作用、脱水、呼吸困難、貧血、痛み、筋力低下、ナトリウムやカルシウムなどの電解質の体内バランスが悪くなる電解質異常、栄養状態の低下など、原因は本当にさまざまです。さらに不安や不眠、ストレスや気分の落ち込みなど、心の苦痛が影響していることもあります。

医師や看護師に、自分が感じているだるさや倦怠感がどんなもので、どの程度なのかを具体的に伝えるのはなかなか難しいのですが、周囲に理解してもらうためにも日々の様子を記録しておくことをお勧めします。どの程度なのか、どんな時に感じるのか、前日と比べて変化しているのかなどを簡単にメモしておきましょう。
そうすることで自分でもある程度のパターンが把握できますし、相談する時の助けにもなります。

次に挙げる、だるさを伝える表現例も参考にしてください。日常生活にだるさがどのように影響しているかが伝わると良いでしょう。
・掃除をしようと掃除機を準備したけど、横になりたくなって掃除ができない状態がここ2~3日続いています。
・駅の階段5段位で息切れがして、階段の踊り場で休まないと登りきることができません。
・仕事に行くだけで疲れてしまって、デスクワークだけど、頭がぼ~っとして1日中仕事にならず困ってます
・何をするのもおっくうです
・すぐ横になりたくなります
・やる気が出ません
・家事や仕事をするのがつらいです
・よく眠れません
・眠っても疲れが取れません
・脱力感を覚えます
・階段の上り下りで息切れがします
・集中力や判断力が落ちています
・すぐ疲れます

倦怠感を取り除くには? 

倦怠感そのもの自体を軽減する有効な治療法は十分に確立されていないため、
まずはだるさの原因となりうる、痛み、貧血、不安、不眠などの症状に対して治療を行ないます。薬を使用したり、運動療法を行ったりすることで、倦怠感が軽くなる場合もあります。

からだの状態によっては、ステロイド薬などを使うことがありますが、感染症にかかりやすくなること、かえって不眠を引き起こすことがあるため、使用については医師が慎重に判断します。
痛くて眠れない場合は痛みの緩和治療が必要ですし、薬剤による不眠の場合は薬の変更や中止が検討されます。

がんが進行した場合、治療内容や病状によっては、だるさや倦怠感を完全に取り除くことは難しくなりますので、少しでも症状を改善し、生活の中でうまく付き合っていくことを目標にしましょう。

自分でもできる対処法は?

夜はできる限り休息をとることが大事です。クッションや抱き枕なども使って、自分が楽だと思える姿勢で休みましょう。日中は、少しずつこまめに休息をとると疲労が回復しやすくなります。眠れなくてつらいと感じたら、医師に相談して、寝つきをよくする薬や不安を和らげる薬の処方を受けましょう。

ウォーキングやヨガ、体操などの有酸素運動は、倦怠感を軽くするために効果的です。また、倦怠感がある場合は、日中の軽い散歩も効果があります。可能な範囲で取り入れましょう。また手足のストレッチやマッサージなどで緊張感が和らぐことがあります。
精神的に安定した状態を保つことは、倦怠感の軽減につながります。深呼吸や音楽、アロマテラピーなど、自分がリラックスできる方法を見つけてください。体調が許せば散歩や趣味の時間をつくることも気分転換になります。

また倦怠感が弱い時間帯にしなければならないことを済ませ、倦怠感が強い時には身近な人や家族にできるだけ手伝ってもらうようにしましょう。

【参考文献】
国立がん研究センターのこころと苦痛の本(小学館)
 

Hatch Healthcare K.K.

各症状への対処 記事一覧ページへ戻る

関連するスレッド