初めての方へのリンクバナー画像
  • 前立腺がん・前立腺腫瘍

2015年6月 前立腺がんの手術

全身麻酔を使った8時間半の手術。術後3日目には創部への不安もなくなった


休職後も術前検査や自己血採血で慌ただしい日々

転院した後、ます骨シンチグラフィー検査を5月1日に受けました。前立腺がんは骨の転移しやすい特徴をもっているとの説明がありました。検査結果は転移なし。ホッとしました。転移があると治療法も変わります。

5月19日、今後の治療方針とスケジュールが確定、1ヶ月後の入院と手術が決まりました。入院までの期間は麻酔科で手術前検査を受けたり、自己血採血を行ったりと、術前準備に費やしました。それでも入院前々日まで慌ただしい日々を送っていました。

麻酔科では、呼吸機能やアレルギーの検査など、全身麻酔を行うにあたって何か障害となることがないか調べました。自己血採血は、手術する場所には血管が多く出血が避けられないことに備えての自血保存の事前処置でした。結果として、自血保存分はすべて手術中の輸血で使い切ったとのことでした。

入院後も全身麻酔に備えて絶食や浣腸をして、腸の中に何もない状態を作る必要があります。胃は内視鏡手術だったので、今回が初めての全身麻酔を使った手術。手術前の準備が結構大変でしたね。特に、下半身の除毛などは恥ずかしかったです。

職場からの温かい言葉、職家族以外の応援が心強かった

前立腺がんの治療方針とスケジュールが決まったタイミングで職場に連絡をしました。この時点で退院日は未定だったので、いつ職場復帰できるか分からない旨もあわせて告げました。

実は、職場と相談して、4月からフルタイム勤務からパートタイム勤務へと変更してもらっていました。手術前の検査や入院などで忙しくなることが前もってわかっていたので、柔軟な働き方を希望したのです。

パートタイムの勤務形態になっていたものの、治療が終わっても働ける場所があることは、大変心強く思いました。

8時間半の手術、鎮痛剤のお陰で痛みに困ることはなかった

手術は8時間半ほどかかったようです。

事前に4~5時間程度と聞いていましたが、目が覚めたら夕方でした。もともと事前の説明で尿道の括約筋ギリギリのところでがんの切除を行えるように努力すること、そのため時間がかかることもあることを説明されており、実際そのために予定より時間がかかったとのこと。おかげで術後から退院後まで尿失禁することは殆どありませんでした。

全身麻酔から目が覚めた後、創部の痛みには鎮痛剤がよく効きました。背中にチューブがついていてボタンを押すと、そのチューブから鎮痛剤が体に入るような仕組み。このチューブが退院するまで付いていましたので、痛みで困ることはありませんでした。ただ、チューブが背中についている煩わしさが、少しありました。

術後3日目から創部への不安感がなくなった

入院中は、妻が1日に1回は必ず病院に来て身の回りの世話をしてくれたので入院生活で困ることはありませんでした。細々としたことまでやってくれて本当に助かりました。

手術翌日から看護師さんに付き添われて、院内を歩きました。ゆっくりでしたが、1日20~30分ほど歩いたでしょうか。創部に少し不安感があるものの、痛みで歩けなくなることはありませんでした。術後3日目には創部も安定し、歩くことへの不安はなくなりました。

ただ、排尿のためのカテーテルや体液を排出するチューブ、先に述べた痛み止めのチューブなど4〜5本の管が体に繋がっているので、歩く際に煩わしさはありました。

SNSに状況をアップ、職場への情報共有もスムーズに

創部が安定し、出歩けるようになった段階で自分の状況をSNSにアップしました。すると友人たちから励ましの言葉や「お見舞いに行こうか……」などありがたいメッセージが届きました。

お見舞いに関しては「自分が入院していた病院の駐車場が一部工事中で混雑のため、来てもらうよりSNSなどのやり取りで十分」と伝えていました。と言っても、興味本位なのか何人かが見舞いに来てくれて、1人ではないと感じられることは、退院後の生活を考える上で大変助かりました。

職場にも、随時自分の状況をメールで知らせ、退院時期や術後の経過を上手に共有できました。その後、放射線治療を受けながら就労しますが、お互いに納得した形で仕事ができた要因になったと感じています。

2週間程度の入院生活だったので、7月初頭に退院しました。

 

 

がんを経験された個人の方のお話をもとに構成しており、治療等の条件はすべての方に当てはまるわけではありません。

新型コロナウイルスの影響によりテレビ会議を用いて取材を行ったため、写真は後日追加予定です。

Hatch Healthcare K.K.

情報収集とセカンドオピニオン

前立腺がんの手術

前立腺がんの放射線治療

関連するタグ一覧

SNSをフォローして最新情報をCheck!

FacebookやTwitterをフォローいただくことで、新着の体験談やtomosnoteに関する新着情報が読めるようになります。

関連するスレッド

がんについて知る